電気自動車が普及しないわけ

電気自動車が現在普及しない理由が幾つかあります。その理由がある限り電気自動車は普及されないでしょう。
まず1つ目に誰も電気自動車に乗っていないということがありますね。電気自動車の人口はそこまで多くないので電気自動車の良さが全く他に伝わらないというのがあるでしょう。次に、電気自動車はやはりコストが高いという点です。一応エコカー減税などで減税をされていますが、それでも維持するための電気代などが結構多いのが問題になっているでしょう。それに、充電時間なども結構かかりますので普及率が悪いのです。

 

他にもガソリンスタンドのような補給するところが無いというのも問題になっていますね。一応電気スタンドというのが一部の地域にありますが、それが全国展開していないと電気自動車で遠くにいけません。ちなみに、どこでも充電することが出来るというわけではなく、専用のアダプター必要になるので親戚の家に行ってそこで充電するということが出来ないということがありますので注意してください。

 
このように電気自動車が普及出来ない状態にあります。上記のような問題点が解決することが出来るなら問題は解決するのですが、それが出来ない上に、他にも問題点がありますのでそれを解決しないといけません。だから、まだ少しだけ電気自動車の完全普及は出来ないでしょうね。