電気自動車の問題点

電気自動車にはいくつかの問題点があります。その問題点をいかに解決することが出来るかが重要になっているでしょう。
まず、コスト面に問題があります。電気自動車ということで、電気に対応した新装備を設計しないといけません。その装備を設計するために結構コストを使用することがありますので、高コストになっているでしょう。それに、電気自体もそこまで安いわけではありませんので、その点も考えないといけません。

 
次に、交通事故の増加があります。電気自動車はかなり静かで良い自動車なのですが、それが返って問題になっているでしょう。静かに移動するので、自動車が近くに来ているのに気が付かないで衝突するという問題が結構多いです。だから、良い点が裏目になっているので解決をしないといけません。次に充電問題があります。ガソリンはガソリンを入れればよいですが、電気はいちいち充電が必要になるでしょう。しかも充電を満タンにしてもすぐに切れるようじゃ長期の移動には適していません。次に、環境負荷です。一見電気ですから環境に良いように思えますが、その実電池によって大量の廃棄物が出てしまうでしょう。

 

もちろん、リサイクルなどをすれば解決することもありますが、寿命の少ない電池によって環境に良くない状態になるかもしれません。そして重量です。電気自動車はガソリン車よりも全体的に重いです。だから、車に結構な負荷を出すことがあるので注意必要でしょう。最後に製造人員n不足でしょう。電気自動車自体が難しいのでまだ製造する人が少ないです。まあ、これから増えていくかもしれませんので、時間が解決するかもしれません。
このように電気自動車に問題があるでしょう。