電気自動車は本当に必要か?

電気自動車は本当に必要になるのかという疑問を思ったことが無いでしょうか?電気自動車は確かに電気で動いて環境に優しいかもしれません。しかし、その分電気代が前よりも圧倒的に増えるという問題点が出てくるので、本当に必要になるかという疑問が出てくるでしょう。その説明をしてきますね。
結論から言えば、確かに電気自動車があっても良いです。ただ、確実に必要と言うわけではありません。

 

その理由としては、上記でも説明したように、電気は環境に優しいですね。ガソリン車と違って二酸化炭素を出しませんのでエコでしょう。しかし、実は電気自動車を扱う電池が環境に優しくないのです。もちろん、リサイクルなどのやり方が出て来ればそれも解決するのですが、現在それが無いためゴミとしてかなり残ることになるでしょう。だから、完全に電気自動車が必要とは言えないのですね。それにコスト面でも結構高くなっているのも問題になっているでしょう。

 
このように実際には電気自動車は、あれば確かにエコかもしれませんが、必ず必要であるとは言えません。場合によってはハイブリッド車の方が、運用が良い場合もあるでしょう。もちろん、これからの発展によっては良くなるかもしれません。これからの発展に期待ですね。